公開日:

バンコクでのスマホ利用。SIM2Flyの購入。eSIMの設定、継続利用のチャージについて

Voiced by Amazon Polly

今日はゴールデンウイーク最終日ですがいかがお過ごしでしょうか?

私はまだバンコクです。

本日はSIM2FlyのSIMをバンコクで購入。eSIM設定、追加チャージやSIM有効期間継続を行いましたのでその解説となります。

なお、eSIMとは物理的なSIMが不要で電子的にSIM情報をスマホに保管するもので、最新のiPhoneなどで利用ができます。

SIM2Flyとは?

そもそもタイに住んでいる方がタイ以外の国でローミングをする場合に利用するものです。

料金設定がかなり安くて魅力的なのです。しかもタイ以外向けなのですがタイ国内向けのインターネット料金も含まれています

WebサイトではSIM2Fly Asia & Australia 版は399 Baht(約1500円)で6GB at max speed, for8 days + Internet for using in Thailand 500MB for 10 days とのことです。

対応している国リスト
Australia Brunei Cambodia China (including Tibet) Hong Kong India Indonesia Japan Laos
Macau Malaysia Myanmar NepalPhilippines Qatar Singapore South Korea Sri Lanka Taiwan Vietnam

 

購入場所は?

こちらの通り日本でもSIMは購入できますが、少し割高、eSIM希望の場合はタイのお店で依頼しないとできません。

ゴールデンウーク、海外行くときは日本でSIMを購入しておくと便利

 

バンコクでの購入方法

私はCentury 21のデパート内のお店で購入しました。eSIMの設定にはインターネット接続が必要なので、事前に無料WIFIでインターネットが利用可能な設定にしておきましょう。

購入にはパスポートが必要で、その際にeSIMをリクエストすればeSIMにしてもらえます。

iPhoneでは、設定画面->モバイル通信->[モバイル通信プランを追加]を押すとQRコードをスキャンする画面に切り替わるので、お店の方に提示されるQRコードをスキャンすれば設定は終了です。

 

オプション追加・SIM有効期限の延長

AISアプリをiPhoneにインストールすることで、追加のオプションを自由に追加できます。

また、SIMの有効期限はデフォルトは2ヶ月なのですが、1回チャージする毎に1ヶ月伸ばすことができます

最低チャージ料金が5バーツなので、5バーツを2回チャージすると2ヶ月延長されます。

なお、クレジットカードは現地発行でないと利用できないのですがLINE PAY であれば支払い可能です。

 

 


コメントはまだありません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

飛行機
ANA 東京・ロンドン便に新しいファーストクラスを投入 The Suite The Room

全日空がビジネスクラスとファーストクラスの座席をリニューアルするようです。 動画が配信されています …

ホテル
7/1開業 ハイアットプレイス東京ベイ Hyatt Place Tokyo Bay に滞在しました! 朝食がとても充実 ディズニーランド、ディズニーシー近く

7/1、ディズニーランド、ディズニーシー近くにハイアットプレイス東京ベイが開業しました。 最寄駅は舞 …

ホテル
ハイアットプレイス バンコク スクムウィット ホテルレビュー 朝食充実 宿泊費もリーズナブル

2017年10月に開業、まだまだ新しいハイアットプレイス バンコク スクムウィットです。 ロケーショ …