プライオリティが破綻するアメリカの空港

国内・海外 旅行

一応、ワンワールドとスターアライアンスの上級会員であるのですがアメリカではむしろロープライオリティとなる自体が発生しています
例えばチェックインカウンター
自分で機械で処理してバックを預けた方がプライオリティの長いレーンに並ぶよりも早いケースも
例えば出国審査
何も考えずにプライオリティレーンに並んだらとんでもなく長い行列に遭遇。よく見ると一般側は2つの荷物チェックの機械が動いてるのにプライオリティは1つしか動いていない。よって一般のレーンの2倍時間がかかるわけです。
なのでここは自己責任が強いアメリカ。プライオリティだから優先されるとは思わず必ずどっちが良いのか判断して利用した方が良い

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HYATT
グランドハイアット東京 長期滞在プラン グランド ウィークリー エスケープ at 六本木ヒルズ を体験してきました

コロナ禍で、ホテルが長期滞在用のプランの提供を進めています。 今回は、六本木ヒルズ内のグランドハイア …

ANA
国内・海外ともにANAはプレミアムポイント数を2倍へ 2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)まで

全日空がプレミアムポイント数を2倍に引き上げました。 プレミアムポイントの特別倍率での積算について …

HYATT
初めてのハイアットハウス、マレーシア モントキアラ はシティから遠かった

9月の連休をマレーシアのクアラルンプールにあそびにいきました。滞在先はモントキアラです モントキアラ …